RAINBOW 通信教育マネースクール

お金からの解放と幸せな生き方を満たす!通信教育マネースクール

スカイプ全国対応可能!

孫子の兵法で戦略思考力を鍛える

      2018/08/09

RAINBOW運営者の小舘卓己です。

 

ビジネスや投資、この2つを行っていく上で絶対必須となる力

それは「戦略力」と「論理力」です。

 

何かしらビジネスをやっていきたい、自分で事業を立ち上げて経営していきたい

そういった方は、ぜひ戦略思考力を鍛えて頂きたいと思います。

 

戦略や論理なしに、「何となく」でビジネスをやったところで100%上手くいくことはありません。

 

経営戦略について理解したい場合、ランチェスター戦略について学ばれることをまずオススメします。

 

ランチェスター戦略について知りたいという方はこちらの記事を参考にしていただければと思います。

起業家なら学びたいランチェスター戦略

 

ちなみに、ランチェスター戦略を知らない状態というのは

起業や経営においてはお話しにもならないレベルだったりします。

 

そして、ランチェスター戦略というのは「孫子の兵法」を基にして考案された戦略論でもあります。

 

孫子の兵法というのは、古代中国にいた軍師である孫武という方によって作られた兵法書のことです。

孫子の兵法

 

戦争で勝利を上げるための論理がまとめられており、

分かりやすい話し、非常に優れた戦略家の方によって生み出された論理のことだと思って頂いて大丈夫です。

 

孫子の兵法は古来2500年前から語り継がれており、

戦争に始まり、近代ではビジネスなど、様々な分野において活用されてきました。

 

ですので、孫子の兵法は小手先ノウハウやテクニックでは決してなく、いつの時代にも応用できる普遍の真理ともいえます。

 

孫子の兵法にある論理をビジネスで活用しやすくするために考案されたのが、ランチェスター戦略だったりします。

 

ですので、戦略思考力を鍛えたい場合には

ランチェスター戦略と孫子の兵法を併用して学ばれると、戦略実力が相乗して伸びていきます。

 

 

孫子の言葉として

 

・「彼を知り己を知らば、百戦危うからず」

→相手(敵軍)の実情や実態を知って自己(自軍)の状況や実態も知っていれば、100回戦っても危険な状態に陥ることはない。

 

・「上兵は謀を伐つ。その次は交わりを伐つ。その次は兵を伐つ。その下は城を攻む」

→最上の戦い方は敵の謀略や策謀を読んで無力化することで、その次は敵の同盟や友好関係を断ち切って孤立させて、それができなければいよいよ敵と戦火を交えることになるけど、その時に一番まずいのは敵の城を攻めることである。

 

・「我は専まりて一となり、敵は分かれて十とならば、十を以ってその一を攻むるなり」

→我が軍は一点に兵力を集中させ、一方の敵軍は分散して10隊に分かれたなら、敵の10倍の兵力をもって攻めることができる。

 

こういったフレーズが挙げられます。

 

戦略論というと、戦争で相手に勝つためのものとか、競争で相手を出し抜くといったイメージを持たれる方もいらっしゃるかもしれませんが、

 

孫子の兵法では「たとえ相手の軍を倒して戦争に勝ったとしても、自軍において被った被害が甚大すぎて立ち直れる状態になければ、それは負けと同じである」や「戦わずして勝つ」という言葉があり、

無理して相手と戦わなくても勝つことができて自軍を守れるなら、それに越したことはないと述べられています。

 

そもそも「戦略」とは「戦いを略す」と書きますので、敵に勝つことが全てではありません。

 

本当の戦いとは、他の人と競争することではなく、自分自身としっかり向き合って自分の進む道を切り開くことです。

 

そう考えると、戦略というのは

相手を打ち負かすためのものではなく、自分や自分の大切な人達を守るためのものといえます。

 

実際に、会社経営において自分の会社が倒産してしまっては、

自分の家族や従業員、すでにお付き合いのあるお客様などの大切な人達を守れなくなりますしね。

 

もちろん、孫子の言葉をそのまま現代語訳しただけで現代のビジネスに応用できるわけではありませんが、戦略思考力を飛躍的に伸ばすことができます。

 

当然、販売戦略力にも大きく影響していきますので、孫子の兵法は学んでおいて損することはありません。

 

この記事を読まれたことで、孫子の兵法に興味をもたれる方が少しでもいたら嬉しいです♪

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

「売れる人になる7日間セールス講座」

 

セールスについて大切なポイントを分かりやすく理解するための内容を

7日間にわたるメール講座にてお伝えしています。

 

・セールスに対する苦手意識を払拭したい

・セールス力を向上させていきたい

・売れる人になるためのヒントや気付きを得たい

・セールスのことに少し興味がある

 

そういった方に一読して頂ければと思います。

→→「売れる人になる7日間セールス講座」の購読受付はこちら

 

 

 - ブログ, ビジネス , , , , ,