RAINBOW 通信教育マネースクール

お金からの解放と幸せな生き方を満たす!通信教育マネースクール

スカイプ全国対応可能!

良いビジネスマンになるためのお金の使い方

      2016/01/27

こんにちは☆

 

「人を勇気付けられる経済学」をお伝えしたいという想いで、

このブログを更新しています!

 

RAINBOWでは、お金の使い方を意識することの大事さをお伝えすることから始まっています

 

もちろん、お金を稼ぐことも大事です。

 

お金を稼ぐためには、お客様に良い価値を提供していく必要があります。

 

お客様に良い価値を提供する上で、

顧客目線をどれだけ持てるかは非常に重要です

 

それでは、顧客目線で考える力をどうやって養えばいいのでしょうか?

 

それは、自分が良い消費者になることが一番早いです。

 

日々、買い物をしたり、何かのサービスを受ける上で、

自分なら何に対して、どういったモノ・サービスに対して、

どんなお店や企業に対して、お金を払ってもいいと思えるか。

 

お客さんとしての「立場力」を鍛えるなら、

まずは、自分自身も消費者の一人であることを自覚しておく必要があります

 

「稼ぎ方」にばかりフォーカスしていると、

 

会社員の方であれば、いかに仕事ができるようになるか、

自営業者の方であれば、ビジネスでいかに売り上げを上げて成功できるか、

 

そこばかりに意識がいってしまい、

「供給者」目線で考えることがほとんどになってしまいがちです

 

ですが、お客さんの需要を満たし、最高の価値を提供できるようになるには、

「消費者」目線で考えられるようになることもすごく大事です

 

 

自分自身が消費者として

普段からお金を払ってモノやサービスを買うとき、

どうしてそれを欲しいと思ったのかを考えたり、

どんなサービスが良いと思ったのかを考えたりする

 

そういった意識をしていくことが、

「消費者目線」で考える力を養うトレーニング方法の一つです

 

だからこそ、「お金の使い方」を意識することは、

「お金を稼ぐ力」にも直結しているといえるのです

 

今回もここまでお読み頂き、ありがとうございます☆

 

 

無料メルマガもやっています♪

登録はこちら→「RAINBOW 毎日明言」

 - ブログ