RAINBOW 通信教育マネースクール

お金からの解放と幸せな生き方を満たす!通信教育マネースクール

スカイプ全国対応可能!

実は、日本人ってお金大好きなんです

      2016/01/27

こんにちは☆

 

 

「人を勇気付けられる経済学」をお伝えしたいという想いで、

このブログを更新しています!

 

 

今回は、

日本人のことについて、

お伝えしたいと思います!

 

 

日本人は、

お金の話しをされるのを嫌うと言われています。

 

 

「お金儲け」を「悪だ」とみなす傾向にあるともされています。

 

 

それでは、

本当に日本人はお金が嫌いなのでしょうか?

 

 

答えは「No」です!

 

 

日本人ほど、お金が大好きな国民はいません。

 

 

今回は、それについてお伝えします。

 

 

 

「実は、日本人ってお金が大好きなんです」

 

 

 

1. 投資より貯金の方が大好きな日本人

 

2. 海外に比べて、寄附金が少ない日本人

 

 

 

 

1. 投資より貯金の方が大好きな日本人

 

 

 

日本人が海外の人達に比べて、

資産運用をしている人が少ないというのは

よく知られていることです。

 

 

 

個人の金融資産の保有率を見てみましょう。

 

 

 

現金・預金の比率において、

 

アメリカが15.3%、

イギリスやフランス、ドイツなどが30%台なのに対して、

 

日本は55.5%というように、

 

日本の現金・預金の比率が圧倒的に高いというデータがあります。

 

 

 

つまり、

 

日本は「現金と預金」の比率が高くて、

アメリカや欧米では株式などの「投資」の比率が高いということです。

 

 

 

ここから分かることは、

「日本人はお金が大好きだ」ということです。

 

 

正確に言うと、

 

日本人は「現金と預金」が大好きなのです!

 

 

 

お金が好きというのは、

 

何かを消費するわけでもなければ、

 

株式などに投資するわけでもなく、

 

現金や預金を自分の懐に貯め込むのが好きだという意味です。

 

 

 

日本の個人金融資産は

総額1400兆円〜1500兆円だとされていますが、

 

そのうちの半分以上の800兆円以上もの莫大なお金が

まったく使われずに眠っているとされています。

 

 

 

また、日本人はお金に対してケチだったりします。

 

 

 

2. 海外の中で寄附金が少ない日本人

 

 

 

アメリカでは、

成人一人あたり、

年間で約13万円のお金を寄附しているというデータがあります。

 

 

それに対して、

 

日本では、

成人一人あたり年間いくらのお金を寄附していると思いますか?

 

 

実は、一人あたり、年間で2500円だそうです。

 

 

つまり、

アメリカの52分の1の金額ということになります。

 

 

 

先進国において、

 

ほとんどの先進国では、

家計のうちの2〜3%の金額が寄附されているのに対して、

 

日本では、

家計のうちのたった0.08%しか寄附されていないそうです。

 

 

 

海外では、お金持ちが寄附しているから、

寄附の平均額が上がっているんじゃないかって思いたくなりますが、

 

アメリカの場合、

年収2万5000ドル(日本円で換算すると約250万円)以下の人が

年収の4.2%を寄附しているのに対して、

 

年収7万円ドル(日本円で換算すると約700万円)以上の人は

年収の2.7%しか寄附していないそうです。

 

 

 

つまり、お金持ちだけではなく、

お金にゆとりがない人でも寄附を行っている風潮があるということです。

 

 

 

逆に、日本は寄附がほとんど行われていません。

 

 

 

2011年3月に東北大震災がありましたが、

 

個人金融資産1500兆円のうち1%でも義援金として寄附されていたら、

約15兆円ほどお金が集まったはずですが、

 

実際に集まった義援金は数千億円だったそうです。

 

 

 

あれほどの大災害が起きたのにも関わらず、

お金の集まりがあまりなかったことを考えると、

 

日本人がケチだと言われても仕方がないのかもしれません。

 

 

 

海外の人が、

資産運用をしてお金を増やすと同時に、

寄附なども行って、

他の人のためにお金を回すのに対して、

 

日本人は、

自分の現金を失うのを恐れて、社会に回すための投資もしなければ、

困っている人のために寄附もしていないのです。

 

 

 

これでは、

日本人は自分のお金を守ることしか考えていない状態だと

思われても仕方がありません。

 

 

この状態こそ、「お金の亡者」だと思いませんか?

 

 

 

ここまでお伝えしてきましたが、

 

実は、

以前の自分も寄附をあまりしていませんでした(汗)

 

 

 

日本人に関する個人資産比率と寄附金の話しを知って

衝撃を受けてから、

 

「自分も日本人の一人だけど、

社会に対してお金を使うということをもっと考えていこう」

と思うようになりました。

 

 

コンビニで買い物をしたとき、

レジのところに置いてある寄附金入れの箱に

小銭を入れるようになりました☆

 

 

無料メルマガもやっています☆

 

こちらのメルマガでは、

お金を健康的に使いこなせるようになるヒントを

毎朝7時30分にお伝えさせて頂いています。

 

登録はこちら→「RAINBOW 毎日明言」

 

 

 

 - ブログ