RAINBOW 通信教育マネースクール

お金からの解放と幸せな生き方を満たす!通信教育マネースクール

スカイプ全国対応可能!

収入が高いだけでは、幸せになれない理由

   

どーも、こんにちは!

 

人の夢を応援し続ける、ドリームサポーターの小舘です。

 

このブログをお読みいただき、ありがとうございます☆

 

 

今回は、20代前半だった頃の僕についてお話しさせて頂きます。

 

 

20代前半だった僕が「お金持ち」を目指して営業をやっていた時、

 

完全な結果主義でした。

 

 

その月の契約数しか見ておらず、

 

その月にどれだけ契約を決められたかという結果によって、

モチベーションがすごく左右されていました。

 

営業時代はチームのリーダーをつとめていたこともあり、

チームでの年間売上が1億円以上出たときもあります。

 

 

その頃の僕がチームメンバーに対して発していた言葉。

 

「よーし、また一人契約決まったぞー!」

 

「今月、うちらの合計契約数が◯◯人だー!

あと一人決まれば、チーム単位で目標達成だー!」

 

「よーし、みんなでもっともっと稼ぎまくるぞー!」

 

 

こうして見ると、ノリがすごく体育会系ですね(笑)

 

 

今にして思えば、すごく稼ぎ中毒だったと思います。

 
その頃の僕は、

結果が出れば楽しい、結果が出ないと苦しい、

といったように、

 

契約数によってモチベーションも左右され、自分の収入額や貯金額に一喜一憂していました。

 

ですので、仕事そのものを楽しめていたかは別でした。

 

自分のチームのメンバーではありませんでしたが、
同じ営業の仕事をしている人で結果が出ないという人に対して、

 

当時の僕は見下し、冷めた態度をとっていたということも、

 

正直ありました(汗)

 

逆に、自分より稼いでいる人、結果を出している人を見ると、
「もっと、もっと俺も結果を出して、収入を増やさなきゃ」

と焦ったりもしました。

 

 

こういった感じで、お金がある状態だったとしても、

 

お金がない時と同じような貧困意識がつきまとっており、

 

いつも精神的に穏やかではなかったんです。

 

 

どんなに収入が多くても、

 

「貧困意識」が根本的にある限りは、

 

経済的にも精神的にも幸せになれる可能性は低いといえます。

 

 

そんな稼ぎ中毒だった僕が変われたのは、

 

僕に「愛と感謝」を教えて頂いた人がいたからなんです。

 

 

今にして思えば、その人がきっかけで、

僕は変われたんだと思います。

 

 

後になって、

 

「愛と感謝」こそが単なる精神的な綺麗事ではなく、

 

幸せにお金に恵まれるようになる必須の源となる、

 

「豊かさ意識」を生み出していくことを知ったんです。

 

 

この話しの続きは、次回以降のブログにて、お伝えさせて頂きます☆

 

 

 

・「お金の価値観」診断

 

自分がお金に対してどういった価値観を持っているのか、

そのあたりを振り返ることができます。

 

気になった方は、気軽に診断を受けてみてください♪

 

診断はこちらからできます。

↓↓

http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/1359

 

 

それでは、また♪♪

 

 - ブログ