RAINBOW 通信教育マネースクール

お金からの解放と幸せな生き方を満たす!通信教育マネースクール

スカイプ全国対応可能!

人によって経済的価値観が違う理由

   

どーも、こんにちは!

 

人の夢を応援し続ける、ドリームサポーターの小舘です。

 

このブログをお読みいただき、ありがとうございます☆

 
昨日のブログにて、

「一人一人、見ている地図が違う」というお話しをさせて頂きました。

 

同じ世界を見ていても、同じ言葉を聞いたりしても、

人によって見えているものや捉えているものがそれぞれ違うというものです。

 

人間は現実世界をありのままに見ているワケではなく、

その人のフィルターを通した状態でその世界を見ています。

 

 

この話しは、お金に関することでも当てはまります。

 

 

同じ「お金」という言葉を見たり、聞いたとしても、

人によって、映り方や感じ方、捉え方が違います。

 

 

例えば、

 

「いつも支払いに追われている」という感覚でいる方にとっては、

お金さんを自分を追いかけ回す鬼のように連想されるかもしれません。

 

「お金があるから、豊かな生活を送れている」という感覚でいる方であれば、

お金さんを自分に豊かさをもたらす幸福の神様のように連想されるかもしれません。

 

 

同じ1000円札を見ていたとしても、

 

「なーんだ、たったの1000円なのか」と考える方もいれば、

 

「1000円もあるから、少しリッチな食事ができるな」と考える方もいますし、

 

「この1000円を使って、人のプレゼント代の足しにできる」と考える方もいます。

 

人によって経済面での価値観が違ってくるのは、

こういったところからきているんです。

 

 

人それぞれ、自分にとって思い描く経済マップが違うんですね。

 

 

それでは、自分にとってはお金はどのように映っているでしょうか?

 

 

今回もここまでお読み頂き、ありがとうございます☆

 

 

 

・「お金の価値観」診断

 

自分がお金に対してどういった価値観を持っているのか、

そのあたりを振り返ることができます。

 

気になった方は、気軽に診断を受けてみてください♪

 

診断はこちらからできます。

↓↓

http://www.reservestock.jp/page/fast_answer/1359

 

 

それでは、また♪♪

 - ブログ