RAINBOW 通信教育マネースクール

お金からの解放と幸せな生き方を満たす!通信教育マネースクール

スカイプ全国対応可能!

ケチな人はお金の使い方が下手である

      2016/01/27

こんにちは☆

 

 

「人を勇気付けられる経済学」をお伝えしたいという想いで、

このブログを更新しています!

 

 

今回は、

 

ケチな人の特徴について、

お伝えしたいと思います!

 

 

まず、ここでいう「ケチ」というのは、

本来なら出すべきお金を出し渋ることを意味します。

 

 

このブログを読んで頂くことで、

 

自分の日々の行動を振り返る、

良いきっかけにして頂ければと思います☆

 

 

 

「ケチな人はお金の使い方が下手である」

 

 

 

1. 実は、ケチな人ほど無駄な出費が多い

 

2. ケチな人ほど、買った商品から価値を得られにくい

 

 

 

 

1. 実は、ケチな人ほど無駄な出費が多い

 

 

 

一見すると、ケチな人は、

安いモノを購入することによって出費を減らしているように見えます。

 

 

ですが、

実は余計な出費を増やしているパターンが少なくありません。

 

 

確かに、

払うお金が安くて済むのであれば、

それに越したことはありません。

 

しかし、

安かろう悪かろうという言葉もあるように

 

かえって出費がかさむような事態に陥ることがあります。

 

 

例えば、

とても安いという理由で選んで買った冷蔵庫があるとします。

 

その冷蔵庫は燃費が悪く、

とても電力を消費するし、

買ってまもなく故障してしまいました。

 

 

こうなると、

安いという理由で買った冷蔵庫なのに

かえって他の冷蔵庫を買うよりお金がかかってしまいます。

 

 

このように、

極端に安く済ませようとすることが、

無駄な散財を招くことは少なくありません。

 

 

まさに、

「安物買いの銭失い」です!

 

 

お金の使い方が上手な人は、

値段と品質のバランスを見て最も良いモノを選びます。

 

 

また、散財するだけではなく、

 

商品を買ったとしても、

その商品を通じて自分が得たい価値も得られなくなるのです。

 

 

 

2. ケチな人ほど、買った商品から価値を得られにくい

 

 

 

 

ケチな人は、買い物で商品を買うとき、

「値段がどれだけ安いか」という基準で買う傾向にあります。

 

 

「できるだけ、お金を多くは払いたくない」

 

「お金を使うと、自分の所持金がどんどんなくなっていってしまう」

 

そういう思考が根本にあるからでしょう。

 

 

お金を払うことに対して、

抵抗感や苦痛などを必要以上に感じてしまいます。

 

 

そうすると、商品を買ったとしても、

その商品を通じて自分が得られるだろう「満足度」を満たしにくくなります。

 

 

 

例えば、

友人達と温泉旅行に行くということになったとします。

 

温泉旅行に行くのに、

交通費や旅館の宿泊代、観光代など合わせて、

かかる費用が5万円だったとします。

 

 

「友人に付き合いが悪いと思われたくないから、

仕方なく行くけど、5万円は痛いなぁ」

と思ったとしましょう。

 

 

その瞬間から、自分の頭の中が、

 

「温泉旅行に行くことへの楽しみ」よりも、

「自分の所持金5万円を失うって、辛い」という感情でいっぱいになります。

 

 

温泉旅行に行けば、

 

「疲れがとれるし、リフレッシュできる」

 

「美味しい物が食べられる」

 

「普段自分が見れないような景色が見れる」

 

そういったことを堪能できるという価値があるでしょう。

 

 

ですが、

「お金を失うことの痛み」が先行してしまうと、

 

そういった温泉旅行に行くことで得られる「楽しさ」が

自分の頭の中から消えてしまうのです。

 

 

せっかく5万円払ったのに、

温泉旅行を楽しめずに終わったら、

 

それこそ「払い損」になってしまうと思いませんか?

 

 

だから、買い物をするとき、

お金を払って何かのサービスを受けるときは、

 

「お金を払うと、苦痛に感じる」という意識ではなく、

「お金を払うことで、自分の得たい快楽を得られる」という意識を

持ちたいわけです。

 

 

知ってますか?

 

人間の脳の意識って、

「一つのことのみに」焦点を当てるようにできているんです。

 

 

物事には、

常に良い面と悪い面が両方あります。

 

自分の意識を2つ両方の面に同時に当てるというのは、

脳の構造上、不可能なんです。

 

 

つまり、悪い面の方に意識を向けると、

良い面の方には全く気付けないという性質があるというワケです。

 

 

それなら、

良い面に意識を向けた方が得ですよね?

 

 

だから、お金を使う時は、

自分が気持ち良くお金を出せるようにしたいワケなんです。

 

 

 

 

ここまでお伝えしてきましたが、

 

ケチな人は、

 

自分が払うお金を少なくしようと考えすぎるあまりに、

 

結果的に、

お金も自分が得られていたはずの価値も失いやすいということなんです。

 

 

 

人は、お金を使うことで生きられるわけですから、

 

「お金を使う」ということから逃げようとせずに、

真摯に向き合っていきたいものです♪♪

 

 

 

 

無料メルマガもやっています☆

 

こちらのメルマガでは、

お金を気持ち良く使いこなせるようになるヒントを

毎朝7時30分にお伝えさせて頂いています。

 

登録はこちら→「RAINBOW 毎日明言」

 

 - ブログ