RAINBOW 通信教育マネースクール

お金からの解放と幸せな生き方を満たす!通信教育マネースクール

スカイプ全国対応可能!

「守銭奴だった人間がお金以外に見つけた大事なこと」

      2016/01/27

こんにちは☆

 

 

「人を勇気付けられる経済学」をお伝えしたいという想いで、

このブログを更新しています!

 

 

RAINBOW お金力トレーニングスクールで詳しくお伝えしている

お金の使い方や付き合い方など、

「お金を活用する力」(ファイナンシャル・リテラシー)

についても、話題にしています。

 

 

このブログを読んで頂くことで、

 

自分の日々の行動を振り返る、

良いきっかけにして頂ければと思います☆

 

 

今でこそ、

RAINBOWの講師である僕は、

「人もお金も大切にしていく生き方をしよう」という考え方を持てるようになっています。

 

しかし、

以前は、守銭奴の度合いがすごく強かったのです。

 

 

競争意識も人一倍強く、

人との上下関係の意識もすごく強かったです

 

 

仕事で結果が出たら「自分の努力の賜物だ」と本気で豪語しており、

表面的には誠実そうに見せておきながら、

心の中では人を見下すようなタイプの人間でした(汗)

 

 

口癖は「世の中、なんだかんだ言って、お金でしょう?」でした。

 

 

そんな僕が、

どうして人を大切にしようと思えるようになったのかをお話しします。

 

 

自分の過去を語るのは、

正直なところ、恥ずかしいので(笑)、

 

暖かく見守って頂ければと思います♪

 

 

 

「守銭奴だった人間が

 お金以外に見つけた大事なこと」

 

 

(1) お金は貯まっていくのに、

    何かつまらなさを感じていた

 

(2) 物事には、

   「勝ち負け」だけでは理解できないことがある

 

 

 

 

(1) お金は貯まっていくのに、

    何かつまらなさを感じていた

 

 

 

20代前半、

大学を卒業してからの僕はお金に対する執着度がすごく強かったため、

とにかく収入を上げて、できるだけお金を使わないように支出を控え、

貯金にいそしんでいました。

 

 

当時の目標は、「25歳までに1000万円貯めるぞー!」といったもので、

いかに早く1000万円に、自分の貯金額が近づけるかばかりを考えていました。

 

 

 

当時は、

 

「よっしゃー、貯金額が100万円を超えたぞー!」

 

「よっしゃー、貯金額が200万円を突破したぞー!」

 

「よっしゃー、貯金額が300万円以上あるぞー!。

これで1年は何もしなくても生活できそうだ(笑)」

 

みたいな感じで考えては、一人だけで舞い上がっていました。

 

 

 

ところが、

そうした感じで数年間を過ごしていたとき、

 

ある違和感を覚えるようになりました。

 

 

「本当にこのままでいいのか?」

 

そんな風に疑問を覚えるようになったのです。

 

 

貯金はたくさんあるけど、

日々の生活に対して面白さを感じられない・・

 

そんな状態に陥ったのです。

 

 

 

支出を減らすことばかりを考えていたので、

何か新しいことをするようになったというのもなければ、

 

価格が安いものを選ぶことだけを集中して選んでいた僕は、

 

お金を多く使わざるを得ないところには、

そのお金を使うことで得られる楽しみを味わいにくくなっていたのです。

 

 

 

何より、

20代前半ならではの恋愛というものを

全然楽しむこともしなかったので、

 

数年間、ちゃんとした交際ができる彼女もいませんでした。

 

 

 

これまで自分の心の中で抱えてはいたけど、

自分では気付いていないフリをしていた、

 

「孤独感」というものが押し寄せてくるようになったのでした。

 

 

 

これまでの僕は、

 

中学や高校時代は、勉強において偏差値や学力が高いこと、

 

大学生の時は、恋愛において彼女いない人より彼女いる人の方が充実しているし、

世間から見ても恥ずかしくない、

 

大学を卒業してから、自分でお金を稼いでいく必要のある状況になってからは、

経済力においてお金をどれだけ「稼いでいるか」や「持っているか」、など

 

いわゆる、

「ステータス」、「実績」、「能力の高さ」、

「世間の目から見て、自分がどう映るか」

 

そういったことばかりに執着し、競争意識を持っていた人間でした。

 

 

なので、「他人の人から見て能力の高い人間だと思われたい」

「認められたい」という気持ちが人一倍強かったのです。

 

 

 

ところが、ある日

毎日を送る上ですごく無理をしていると感じるようになったのでした。

 

 

そして、

「貯金ばかりにこだわっていてもつまらない・・」

とひどく感じるようになったのでした。

 

 

だから、仕事だけでなく、

恋愛にも目を向けてみていいかもと思うようになったのです。

 

 

だけど、根本的に競争意識は根付いていました。

 

それに気付かされるきっかけがあったのでした。

 

 

 

(2) 物事には、

   「勝ち負け」だけでは理解できないことがある

 

 

 

競争意識が強かった20代前半でしたが、

24歳のときになって、孤独なのは寂しいという理由で、

 

大学を卒業してからは興味を示さなかった恋愛に

再び興味を持つようになりました(笑)

 

 

それから、

女の子のことに自然と目がいくようになったワケです。

 

 

 

貯金思考が薄れていく一方で、

今度は恋愛思考が強くなっていきました。

 

※ちゃんと仕事もやっていましたよ(笑)

 

 

 

ある時、

「この子なら、自分の彼女になってくれそうだ」と思える女の人に出会いました。

 

 

さっそく、その女の人にアプローチをかけることにしました。

 

ところが、なかなか上手くいかず、

告白をしても「YES」を得られることができませんでした。

 

 

その女の人の恋愛における価値観で

「将来のお金のことが不安だから、

経済的にしっかりとした考えを持っている人が良い」と聞いており、

 

その人が昔付き合っていた元カレのことも聞いていた僕は、

 

その元カレよりも、

 

経済面での価値観や考え方がいかにしっかりしているか、

いかに自分が貯金もしているし、収入もどれぐらい多いか、

 

そういったことをアピールしていました。

 

 

 

「〜〜だから、自分と付き合うとこんなにメリットあるんだぜ?」

みたいなことを醸し出していました。

 

 

商品の両方を比較することで、

自分の売りたい商品を魅力的に映るように説明する、みたいな

 

よくある営業手法のような感じでアプローチしていたのでした(汗)

 

 

 

結局、

僕はその女の子からは最終的に「No」を突きつけられました。

 

そのとき、

「どうしてだ・・?

自分はその人が付き合っていたという元カレより

ステータスは上のはずだぞ・・?」

 

と戸惑ったのでした。

 

 

今思い返してみると、

すごく恥ずかしい話しですが、

 

「自分が認められたい」願望の強い人の思考は

こうなりやすいんですよね(汗)

 

 

その人から言われた言葉が衝撃的でした!

 

 

「恋愛は勝ち負けじゃないよ」

 

 

頭を打ち砕かれたような感覚になりましたが、

不思議と嫌な気持ちもしませんでした。

 

 

それまで競争意識というものがすごく強かった僕でしたが、

 

この経験を通じて、

 

物事においては、

「勝ち負け」だけでは理解できないものがあることを知りました。

 

 

能力やステータス、他の人から自分がどう見られるか、など

そういった基準だけでは測れないことがあることを知りました。

 

 

「それって、何なんだろう・・?」

と疑問を持つようになりました。

 

 

その後、また新しく女の人に出会ったとき、

 

「勝ち負け」意識を抜きにして、

「その女の人と一緒にいる空間を楽しもう」という姿勢で臨んだら、

その女の人と付き合うことができたのでした。

 

 

 

 

ステータスや実績、他の人から自分がどう見られるか、

そういったことにこだわっていたり、

 

競争意識を強く持っているのは、

 

自分ではなく他の人達が決めた基準に

判断基準を置いているということであり、

 

「自分が認められたい」

という感情からきていることも多いのではないでしょうか?

 

 

 

「競争」や「勝ち負け」以上に何か大事なものがあると気付けた時、

僕の中にあった何かが少しずつ変化していくようになったのでした。

 

 

今回のブログは一見するとお金のこととあまり関係ないように見えますが、

 

実は、

「経済」の本質を理解する上ですごく重要なことなんです!!

 

 

経済というと、「競争社会」をイメージしがちですが、

実はそうではないのです・・・・。

 

 

 

無料メルマガもやっています☆

 

こちらのメルマガでは、

お金や経済のことについて簡単に理解できるようになるヒントを

毎朝7時30分にお伝えさせて頂いています。

 

登録はこちら→「RAINBOW 毎日明言」

 

 

 

 - ブログ