RAINBOW 通信教育マネースクール

お金からの解放と幸せな生き方を満たす!通信教育マネースクール

スカイプ全国対応可能!

「こんなに違う!! フルコミ営業と起業!!」

      2016/01/27

こんにちは☆

 

 

最近、僕が運営しているRAINBOWのスクールを利用されている方々から、

喜びの声を頂けるようになり、

 

こちらとしても会員さんの成長を見ることができて、

嬉しい限りです☆

 

 

 

RAINBOW 動画配信式お金力トレーニングスクールは、

ますますさらに良い情報を提供できるようにしていきます♪

 

 

RAINBOWでお伝えしているテーマは、

「自分らしく自由に生きられるようになるお金力」です! 

 

 

 

このブログでは、

「人を勇気付けられる経済学」をお伝えしたいという想いで、

このブログを更新しています!

 

 

RAINBOW お金力トレーニングスクールで詳しくお伝えしている

お金の使い方や付き合い方など、

「お金を活用する力」(ファイナンシャル・リテラシー)

についても、話題にしています。

 

 

 

このブログを読んで頂くことで、

 

自分の日々の行動を振り返る、

良いきっかけにして頂ければと思います☆

 

今回はフルコミ営業と起業の違いについて、

お話をさせて頂きます!

 

 

僕自身の経歴をお伝えさせて頂くと、

 

大学を卒業した後、フルコミ営業を3年間経験し、

 

その後スクール講師やセミナー講師を経て、

 

今はマネーコーチとして独立し、

コンサルや月額会員制のスクールの運営などをしています。

 

 

フルコミ営業とは、完全歩合制の営業の仕事のことであり、

自分がとった契約数に応じて報酬も上がっていくという営業の仕事です。

 

 

フルコミ営業も起業もどちらも経験しており、

どちらも成果主義の世界という共通点があります。

 

ですが、僕自身が独立してみて、

フルコミ営業の時と起業はまるで違うものだというのを痛感しています。

 

 

そのあたりのお話しを、

自分の経験を踏まえてお伝えさせていただければと思います。

 

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

「こんなに違う!!

フルコミ営業と起業!!」

 

 

 

 

僕が起業してみて、最初に気づいたのは、

お客様に提供する商品やサービスを自分で決めないといけないということでした。

 

 

フルコミ営業というのは、

他の人が商品やサービスを予め用意したものを、

自分が代わりにお客様に提供していくというものです。

 

 

代理店の営業スタイルです。

 

 

したがって、商品開発者が別におり、

自分自身で何か新しい商品やサービスを作るとか、

そういったことは必要ありませんでした。

 

フルコミ営業でやるべきことは、

ひたすら人に会って、自分の扱っている商品に興味を持っていただけるようにする。

 

そこの部分に集中さえしていればよかったのでした。

 

 

ところが、起業となると、

そうはいきません。

 

人に提供する商品やサービスを

自分自身で用意する必要があります。

 

自分で商品やサービスを開発し、なおかつ売れるようにしていくプロセスを辿るのが、

起業・経営です。

 

 

そして、商品が売れるようになるには、

商品に対する自信を持つことが必要になります!

 

 

「自分の提供する商品によって、お客様は幸せになれる!」

 

「自分がこの商品を人に伝えることで、〜〜な面で世の中の役に立つ!」

 

そういった自信です。

 

 

この自信がなければ、商品は売れません。

 

それは、フルコミ営業でも起業でも同じです。

 

 

フルコミ営業の場合は、

自分が取り扱う商品を自分自身で実際に使ってみて、

その商品の良さを体験すれば、商品に対する自信を持つことができます。

 

ところが、起業の場合は、

特に自分でゼロから商品やサービス内容を決める場合は、

事情が変わります。

 

自分自身が開発した商品やサービスが良いかどうかは、

自分自身では気付きにくいのです。

 

 

たとえば、整体の仕事をされている方であれば、

整体の技術を他者に施すことはできても、

自分で自分自身に施術をほどこすというのはなかなか厳しいと思います。

 

 

ですから、自分の商品が良いかどうかは、

自分の商品・サービスを体験していただいたお客様から意見を頂いたり、

実績を積み上げていくことで、

分かるようになってくるというのが、実情ではないでしょうか?

 

 

ですから、自分の商品・サービスを体験していただくお客様がある程度つくまでは、

自分の提供する商品に対して自信を持ちづらいというのが本音だと思います。

 

 

僕が両方を経験して感じたのは、

 

フルコミ営業の場合は他の人の商品を伝えられれば良かったので、

どんなに商品を良く説明したとしても、

自画自賛にならないため、人にはっきりと伝えられていたということでした。

 

ところが、起業の場合、

自分のサービスを自分で説明しなきゃならないというのが、

どうも自画自賛のように感じられて、抵抗感があったといいますか、

最初は違和感を感じていたのでした。

 

 

それでは、

 

起業した方が自分の商品にどうやったら自信を持ちやすくなるのか、

 

自画自賛にならずに自分の商品の良さを認識していただけるようになるのか、

 

そのあたりのお話しは次回の記事でお伝えさせて頂きます。

 

 

それでは、また♪♪

 

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

 

 

「自分らしく自由に生きられるお金力」というのをテーマに、

 

自由に生きられる経済状態を実現するために学べる内容を

 

無料でメール配信しています。

 

毎日1週間にわたって、夜の7時にメールが配信されます。

 

メール登録はこちらからできます

↓↓

http://www.reservestock.jp/subscribe/32419

 

 

無料ですので、興味がある方はぜひ♪♪

 - ブログ