RAINBOW 通信教育マネースクール

お金からの解放と幸せな生き方を満たす!通信教育マネースクール

スカイプ全国対応可能!

「お金に恵まれる! 人を喜ばせるお金の使い方」

      2016/01/27

こんにちは☆

 

 

「人を勇気付けられる経済学」をお伝えしたいという想いで、

このブログを更新しています!

 

 

 

 

このブログを読んで頂くことで、

 

自分の日々の行動を振り返る、

良いきっかけにして頂ければと思います☆

 

 

 

前回のブログで、

ケチな人はお金を失いやすいという話しをしてきましたが、

 

逆に、今回は、

お金にも人にも恵まれるようになるお金の使い方について

お伝えしたいとします。

 

 

 

お金さんというのは不思議なものでして、

 

お金を集めようと必死になっている人より、

人を喜ばせることを考える人に入ってくるようにできています。

 

 

 

「お金に恵まれる! 

人を喜ばせるお金の使い方」

 

 

 

1. 人を喜ばせるプレゼントができる

 

2. お店の店員さんに「ありがとう」を言う

 

 

 

 

1. 人を喜ばせるプレゼントができる

 

 

人を喜ばせるためにお金の使い方の一つとして、

プレゼントについてお話をしたいと思います。

 

 

お金の使い方が上手な人の特徴の一つとして、

「人を喜ばせるプレゼントができる」人であることが挙げられます。

 

 

 

例えば、

サプライズで突然パートナーに日頃の感謝を込めて

プレゼントしてあげたりとか、

そういったことです。

 

 

人を喜ばせるプレゼントを考える上で、

大事なのはサプライズです。

 

 

サプライズによってプレゼントされたり、

人から何かを与えられると、

 

相手の人は驚きますが、

その驚きの分だけ、感動が生まれます。

 

 

サプライズの行動の例を出すのであれば、

 

・プレゼントを渡す

・誕生日会を計画しておく

・誕生日に内緒で休暇を取る

 

以上のことが例に挙げられます。

 

 

このプレゼントをする時、

「人を喜ばせる」というのがポイントです。

 

 

 

プレゼントをしたのはいいけど、

相手の人に喜んでもらえなかったという経験はないでしょうか?

 

プレゼントをしたのに、相手の人が喜んでいなかったら、

ただの自己満足で終わってしまいます。

 

それだと、

お金をかけた分だけ損をしたような気分になってしまいますよね?

 

 

だから、プレゼントをする時には、

「人を喜ばせることができる方法」を意識しておくことも大事なのです。

 

 

人に喜ばれたら、自分も悪い気分はしないものです。

 

 

むしろ、相手の人の喜びが大きいほど、

自分まで何だか分からないけど嬉しくなっていくものです。

 

 

人をサプライズさせるプレゼントの方法は色々ありますので、

これからのブログで紹介できるときに紹介していきます。

 

 

プレゼントをすること以外にも、

人を喜ばせるお金の使い方を挙げます♪

 

 

 

2. お店の店員さんに「ありがとう」を言う

 

 

 

コンビニやスーパーなどのお店で商品を買うとき、

 

エステやサロンなどで自分の体を癒すサービスを受けるとき、

 

そのお店にいる店員さんに「ありがとう」を言っているでしょうか?

 

 

カフェやレストラン、居酒屋などで外食したとき、

 

そのお店の店員さんに「ごちそうさまです」を言っているでしょうか?

 

 

「ありがとう」や「ごちそうさま」など、

お店の店員さんに感謝の気持ちを伝えることって、

 

すごく大事なんです。

 

 

 

この経済社会においては、

人は一人で生きていくというのは不可能です。

 

 

食べ物を作ってくれる人がいるから、

私たちはご飯や料理を食べることができます。

 

洋服を作ってくれる人がいるから、

私たちはオシャレな洋服やスーツなどを着ることができます。

 

家を建ててくれる人がいるから、

私たちは雨つゆにさらされることなく、家に住むことができます。

 

 

そういった、

誰かがモノやサービスを作って提供して頂けるからこそ、

私たちは生活していくことができる

という事実を忘れてはならないのです。

 

 

 

 

「こっちはお金を払っているんだから、

それらのモノやサービスを受けられるのは当たり前だ」

という方もいらっしゃいますが、

 

自分がいくらお金だけ持っていたとしても、

 

食べ物や洋服、家、携帯電話など、

生活をしていく上で必要なものを作って頂ける人が一人もいなかったとしたら、

どうでしょうか?

 

 

私たちは生活していくことはできないのではないでしょうか?

 

 

 

「お金を払ったんだから、

良いモノを手に入れられたり、

良いサービスを受けられるのが当たり前」というワケではないのです。

 

 

 

むしろ、私たちは

「お金を払うことで、モノやサービスを受けさせて頂いている」

というワケなんです。

 

 

また、

 

お店の店員さんに対して感謝の気持ちを伝えるというのは、

自分が謙虚な姿勢を持てるだけではなく、

 

店員さんも嬉しくなるんです。

 

 

お店の店員さんも人間なワケですから、

そこのお店で働いていることで苦労や悩みというものがあるものです。

 

 

もしかしたら、

 

「ここのお店で働くのツラい・・

給料は安いし、残業は多いし・・

店長にはキツく当たられるし、もう辞めようかな・・」

 

と思っている方もいらっしゃるかもしれません(笑)

 

 

 

ですが、

お客さんである私たちが

 

「ありがとう」

「ごちそうさまでした」

 

といった感謝の言葉をその店員さんにかけることによって、

 

「お客さんに感謝されるって、悪くないかも。

もう少し仕事を頑張ってみようかな」

と思うかもしれません。

 

 

 

お店の店員さんに「ありがとうございます」と言えるようになると、

 

店員さんも愛想良く接したくなりますし、

 

気持ちの良い買い物ができるようになります。

 

 

 

ちなみに、

店員さんに「ありがとうございます」というのが習慣になっている私は、

 

行きつけのカフェの店員さんに

自分のことを覚えてもらえるようになっていて、

 

店員さんの方から話しかけて頂くことがありました♪♪

 

 

カフェの店員さんである綺麗な女性の方とも

気軽に話せるようにもなっていたということもあります(笑)

 

 

ここまでお伝えしてきましたが、

 

人を喜ばせるお金の使い方を意識するようになると、

人と交流することがどんどん楽しくなっていくというワケです。

 

 

ぜひ意識してみて下さい♪♪

 

 

 

無料メルマガもやっています☆

 

こちらのメルマガでは、

お金を気持ち良く使いこなせるようになるヒントを

毎朝7時30分にお伝えさせて頂いています。

 

登録はこちら→「RAINBOW 毎日明言」

 

 

 

 

 

 

 

 - ブログ